MEDIA ボーンレックスメディア

インターン生の活躍

アーティクル

<p><em>series : 自分の人生を生きる「ボーンレックスに携わる人々」</em></p>
<h3>宮崎県の大学生が東京のベンチャー企業で学び地元でシェアハウスをOPEN!そのバイタリティの秘密とは?</h3>
<p>ボーンレックスでインターン生として働く上野麻衣さん(23)は宮崎県内の大学に籍を置く現役大学生だ。それでいながら距離の離れた東京でインターン生としてバリバリと仕事をこなし、ビジネスの知識と経験を身につけている。更にそれらを活かして今秋には宮崎でシェアハウスを立ち上げ予定だという。そのバイタリティの秘密とボーンレックスで学んだ“自分の人生を生きる”方法について話を伺った。</p>
<p><img src=”http://www.bornrex.com/blog/wp-content/uploads/bornrex/imgs/6/d/6dfcf44a-s.jpg” alt=”mai” /></p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―どうして宮崎から東京の企業のインターン生に?</strong></p>
<p>昨年1年間中国に留学した際、日本の企業と契約をしてライターのお仕事をさせて頂いたのですが、遠隔の操作では社員さんとの繋がりをあまり感じることができず、モチベーションを維持するのが困難でした。就職する前に一度インターンという形で企業に身を置いて自分を試したいという気持ちが沸き、帰国後に再び休学してインターン企業がたくさんあるイメージの東京へやってきました。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―実際ボーンレックスで働いてみて如何ですか?</strong></p>
<p>私は当時ライターの仕事がしたいと考えていて、ボーンレックスにもそちら関係のコネクションを期待して接触してみたのですがいい意味で裏切られました(笑)。仕事はライターだけでなく多岐に渡って責任のあるものを任せていただいています。</p>
<p>現在担当しているのはインターン採用、メディア事業、宮崎県企業誘致支援事業などで、採用活動は募集の企画から面接まで一手に引き受けさせてもらっています。スピード感のある中で仕事をする楽しさを学びましたし、それだけ早く成長できた実感を持てました。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―仕事では何をしているときが一番楽しいですか?</strong></p>
<p>新しいことに挑戦しているときですね。ボーンレックスではほぼ毎日が新しい発見があるので毎日が楽しいです。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―インターンをしていて印象深かったことを教えて下さい。</strong></p>
<p>ボーンレックスでは代表・室岡さんのノウハウにより、やりたいことを実現させる感動が体験できます。留学経験があることから外国人向けのインターン採用イベントで私が登壇し、結果的に中国人の留学生の方を採用することが出来たのですが、留学前に日中の架け橋になりたいと考えていた想いが形になり嬉しく思いました。登壇した際に室岡さんの「ワクワク感を伝える」ノウハウが役立ったと思います。</p>
<p><img class=”aligncenter” src=”http://www.bornrex.com/blog/wp-content/uploads/bornrex/imgs/8/e/8e5673a3-s.jpg” alt=”New Phototastic Collage” /></p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―今後宮崎県に戻り、プロジェクトを立ち上げられるそうですが?</strong></p>
<p>はい、一応大学生なのでちゃんと授業を受けに行かないと(笑)。9月から宮崎県でシェアハウスを運営する予定です。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―どのようなシェアハウスなんですか?</strong></p>
<p>簡単に言うと目標や知識をシェアすることで「想いをカタチにできる場所」を作りたいと思っています。</p>
<p>私はこうやってボーンレックスでインターンをする前には目標を持ちながらもなかなか前に進み出せない時期がありました。ある目標を達成するために努力をしていこうと思った時、学業や生活の中で様々なものに追われて努力自体を忘れてしまう、ということを繰り返していたんです。同じような状況に悩む同年代の子は多いと思っています。</p>
<p>それを考えた時、仲間の存在がすごく大事だなと再認識しました。悩んだときに声をかけてくれたり、必要な知識を教えてくれる誰かがいる。これが、目標を定めてそこへ向かって行くモチベーションにもつながってくると今は感じています。皆が集まれるリビングに目標をシェアできるようなシートを作る予定です。「想いをカタチに」というコンセプト部分はボーンレックスから大きな影響を受けました。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―素敵なシェアハウスですね。名前は?</strong></p>
<p>「Garnet」。希望という意味です。ちなみに私の大学から徒歩1分にあります(笑)。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><strong>―(笑)。上野さんはボーンレックスで新規事業立ち上げノウハウを学ばれて見事に船出されるわけですが、今後学ばれる方に何かメッセージはありますか?</strong></p>
<p>シェアハウスはまだ始まっていませんが、私のようなどこにでもいる学生でも、考え方次第でパイオニアになることが出来るという気付きをお伝えしたいです。前向きな考え方や自分自身の人生を歩む方法、つまり実行する力をボーンレックスで学んでいただけたら私も嬉しく思います。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><img src=”http://www.bornrex.com/blog/wp-content/uploads/bornrex/imgs/d/6/d60e9981-s.jpg” alt=”maimai1_2″ /></p>
<p>上野 麻衣(うえの まい)</p>
<p>熊本県出身。宮崎の大学に進学し、3年次に中国の大学へ1年間の交換留学。帰国後、再び1年休学して上京し、ボーンレックスにインターン生として参画。2017年9月、宮崎に学生向けシェアハウスGarnetをオープン予定。</p>
<p>クラウドファウンディング開始しています</p>
<p><a href=”https://camp-fire.jp/projects/view/27301#menu” target=”_blank” rel=”noopener”>https://camp-fire.jp/projects/view/27301#menu</a></p>

人生