MEDIA ボーンレックスメディア

新規事業のアイディアが思いつきませんが、どうしたらいいですか?

コラム

大企業新規事業ご担当者様向け、FAQシリーズです。

新規事業のアイディアが思いつきません。

「既存と違ったフィールドで新規事業をやりたいと思うのですが、私たちはこのフィールドにしか知見がなく、いいアイディアが出てこないんです。」

「弊社の強みであるこの分野を生かして新規事業をやりたいのですが、特殊な分野なので新しいアイディアを出すのが難しくて。」

こんな疑問を解決する回です。

アイディアに必要なのは「想い」

アイディアをたくさん出すことが重要なのではなく、そこに想いが伴っているかが重要です。

なぜなら想いのないアイディアで人を魅了し、共感してもらうことは難しいからです。

ゼロからイチを作り上げるには、大企業、ベンチャーに限らずどんな場合にでも、この「想い」が大事だと私たちは考えています。

ベンチャーの場合だと「想い」はわかりやすいかと思います。通常ベンチャーは何か解決したい問題があって、そのために立ち上がっていることが多いと思いますので。(でももちろん、見失ってしまうことも多々あります。詳しくは、こちらの記事で『ベンチャーが存在意義を見失ってしまうとき』。)

一方大企業だと「想い」より先に、上司や会社の利益を考えがちです。というか殆どのケースでこれらを考えすぎているかと思います。

むしろ「想い」なんていらない、または「想い」は後から考えればいいこと、と考えている方も多いかと思います。

大企業の新規事業こそ「想い」が大事

そんな事業をこの会社でやる必要があるのか、

知見のない分野だと失敗する可能性が高いと思うが、

本当にこのビジネスモデル通りに進むのか、

〇〇は確かに今流行っているが、今後も流行りはちゃんと続くのか等、

挙げだしたらキリがない、新規事業における反対勢力のことば。

そのたびに「うっ・・・」と立ち止まっていては、事業立ち上げのスピードが一気に減速してしまいます。

そこを乗り切るのがこの「想い」、つまりミッションです。

想い・ミッションが固まれば、事業アイディアを出すのは難しいことではない

「こうしたい」という想いが決まったら、あとはその想いに向けてどんな事業をしていくかを考えていきます。

しっかりと想い(ミッション)が固まれば、事業のアイディアを考えるのはそんなに難しいことではありません。

アイディアが浮かばない・・・と思っているなら、

まずは、想い・ミッションを考えてみませんか?

 

 

 

オープンイノベーション ミッション 事業アイディア 大企業向けFAQ 新規事業立ち上げ