MEDIA ボーンレックスメディア

本には書けない?! Vol.2 「アクセラレーションプログラムの その後、教えます」イベントレポート 2

アーティクル

2019年12月「アクセラレーションプログラム」をテーマにして実施したイベントのレポート第二回です。

 

アクセラレーションプログラムに関わる方たちのあるべき姿や姿勢について、登壇者から話を伺いました。

 

金丸さん:

大企業側としては、プログラムの事務局としてかかわるケースと、実際に協業者としてかかわるケースの二つがあります。

ただどちらのケースでも、大企業側では自分たちのやり方を踏襲してしまって、「計画通りにやる」とか「正解を求めてしまう」とか、管理する立場になってしまうことがある。大企業側もどんな人をどんな役割でアサインするのか、担当者もプログラムや個々のプロジェクトにかかわる中で自分がどんな役割なのか、を常に考え自立したパートナー同士として関わり合うことが重要だと思っています。

 

今井さん:

企業側の実行者として、ですが、自分たちはひたすら楽しんでいました。常にポジティブシンキング。「このサービス受けるかなあ」とか「競合がたくさんいるんじゃないか」と時にはネガティブになってしまうことがあるのですが、考えだすときりがない。ポジティブに動いていけることが重要です。

 

鈴木さん:

FUJITSU ACCELERATORでは、書類選考・ピッチコンテストを経て富士通グループの事業部とスタートアップがマッチングされます。約三カ月間の協業検討期間では、プロジェクトを立ち上げて期間内のゴールを設定し、場合によっては共同でPoCを実施します。協業検討期間中に協業の成果が認められれば、プログラム終了後も継続して協業検討を継続します。しかし、商品を出しても売れるまでは時間が掛かったり、売れるようになるまでにたくさんの苦労があります。商品が売れ始めると自分たちも楽しくなってくるし、富士通の事業部側も「FUJITSU ACCELERATORからでたプロジェクトを実施していけば既存事業が伸びていくな」というふうに乗ってきます。始めたら、やりきることが大事です。

 

室岡さん:

大企業は、同じ規格のものを大量生産して顧客に大量に供給することを得意としています。この場合に大事なことはミスをなくすこと。ミスをなくすように仕事の仕組みを構築し、社員もミスをしないように求められる。つまり、失敗をしないプロフェッショナルなのです。しかし、ベンチャーや起業家は失敗をすることを当たり前にしています。失敗をしてすぐにリカバリーすることを繰り返して物事を進めていきます。つまり、大企業とベンチャーでは大事にしているものが違うんです。大事にしているものが違うと、話がかみ合わない。アクセラレーションプログラムに参画するベンチャーは大企業からの批評を求めていているわけではなく、大企業と組むことでしかできないことをするために参画している。

企業の規模、社会に与えるインパクトという点で、大企業はベンチャーよりも圧倒的な優位性を持っています。アクセラレーションプログラムは大企業がベンチャーと一緒に社会に大きなインパクトを与えるということ。ベンチャー側も当然責任をもってかかわることが必要ですし、大企業側も単純にマッチングする、というだけではなく、自分たちが持っている組織の力を活用してベンチャーとともにいかに世の中に価値を提供していくという決意が必要だと思います。

 

 

大企業での参画者、プログラムの運営事務局、プロジェクトに参画するベンチャー。アクセラレーションプログラムにかかわる人々はそれぞれで立場は異なります。しかし一つの目的に向かって、お互いにリスペクトし合って、お互いの持ち味を最大限に活かしあうことが大事になるようです。

 

次回はアクセラレーションプログラムを実施する「社内環境」に必要なものについてのディスカッションの様子をお送ります。

アクセラレーションプログラム オープンイノベーション チームアップ 大企業イノベーション 新規事業立ち上げ 社内ベンチャー