デフォルト画像 2022/09/26

「スマート東京」の実現へ 〜スマートシティ化を目指す新たな事業を東京都とともに推進いたします〜

株式会社ボーンレックス(東京都千代田区、代表取締役 室岡拓也 以下、当社)は、東京都が今年度新たに開始した「東京都スマートサービス実装促進プロジェクト(以下、本事業)」の「スマートサービス実装促進事業者(※1)」に採択されました。
本事業において、当社は「スマートサービス実装促進事業者」として、これまで培ってきたノウハウや知見を活かし、スマートサービスの実装を担う「スタートアップ(以下、SU)等(※2)」と「スマートシティ基盤提供者等(※3)」の協業・共創を支援し、東京のスマートシティ化を推進いたします。

(※1)「スマートサービス実装促進事業者」:東京都と協働してスマートサービスの実装を促進する事業者
(※2)「スタートアップ等」:スマートシティ基盤提供者等やスマートサービス実装促進事業者と連携しながら、スマートサービスの実装を担う事業者
(※3)「スマートシティ基盤提供者等」:エリアマネジメント団体及びその構成・協力企業や取組みに参画する行政等、スマートシティ基盤を整備・運用する主体

 

「東京都スマートサービス実装促進プロジェクト」について

東京都は、先端技術等を活用した便利で快適な都市「スマート東京」が実現されることを目指しています。「スマート東京」の実現を加速させていくうえでは、都内で数多くのスマートサービスが実装され、都民がそれらのサービスを身近に感じ、その利便性を実感することが重要です。そのため本事業は、独創性・機動力にあふれるSU等が各エリアと協働することで、都民の暮らしの利便性・QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高める新しいサービスをスピーディに生み出すことを目的としています。

特設サイトURL:https://www.be-smarttokyo.metro.tokyo.lg.jp

 

「スマートシティ実装促進事業者」としての当社の役割

当社は、「スマートサービス実装促進事業者」として、スマートシティ構想における都市OS(※4)等の活用で、スマートシティ化を推進していきます。

<支援内容>

① 基盤提供者へのエリア環境構築支援
SUがスマートシティという新たな分野でサービス実装に乗り出すためには、SUにとって魅力あるエリア環境を構築することが必要不可欠です。そのため、当社は各エリアの現状、課題感、特徴等を把握したうえで、基盤提供者による環境構築を後押しします。

② SUへのマッチング支援及び伴走支援
SUが実際にサービスを実装する際、直面する資金面等様々な課題に対し、適切な事業者とマッチングを行い、スマートサービス実装までを伴走型で支援します。各エリアの資金提供者、企業との関係構築及び、場合によっては共同事業化等を踏まえた力強いサービス促進に尽力します。


<ご連絡をいただきたい方々>
・本事業に興味があるスマートシティ基盤提供者等
・都内各エリアにおける事業の展開に興味があるSU等
・資金提供者(銀行、ベンチャーキャピタル等)

(※4)都市OS(OSは「Operating System」の略):
都市で提供するサービス・機能を高度化するために、人流、交通など都市から生まれる様々なデータを蓄積・活用し、分野横断的な都市サービスを実現するデータ連携基盤のこと

 

PRTIMESプレスリリース

Back